灘地域で
受け継がれる
技術と伝統の味

最高品質の商品と心温まるサービスを提供することに尽力しております。代々受け継がれてきた技術と知識を活かし、丹精込めて神戸で製造しております。素材の品質には細心の注意を払い、安全で新鮮な食材の使用を徹底しております。伝統的な製法を守りながらも、現代のニーズに合わせた新しい味わいへの挑戦も欠かしません。季節の変化に合わせた季節商品も取り扱っているので、四季折々の旬の食材や風物を取り入れ、春の桜や夏の夕涼み、秋の紅葉、冬の雪景色など、季節の風情を感じられる美しい和菓子を味わっていただけます。
20231202
News

四季折々のおいしさを
味わえる旬の逸品

新商品の販売時期や季節に合わせた限定品、イベントなどの最新情報をお伝えしております。遠くにお住まいのお客様も楽しめるような、魅力的な情報をお送りします。
MG_4136-1200x750
  • 20200830_譛ャ逕サ蜒・_MG_4232 (中)
    Service
    厳選した素材と
    伝統のこだわり製法
    長年にわたり受け継がれてきた日本菓子づくりの伝統を大切にしながら、選び抜かれた素材と伝統の製法を駆使して、最上質の商品をお客様へ提供いたします。
  • _P3A0813 (中)
    Concept
    心に寄り添う
    日本菓子の魅力を発信
    お客様へおいしい商品を届けるための熱い理念と思いをお届けいたします。伝統的なお菓子文化を大切にしつつ、新しい風味の開発にも取り組んでおります。
Greeting

お客様との繋がりを大切にしたおもてなし

商品に対する深い愛情をもち、お客様へのおもてなしの精神を大切にしております。日本の伝統文化を継承しつつ、新しいおいしさの探求にも力を入れております。
9859Instagram (1)
萬田 悠介
御菓子司 虎屋吉末 8代目店主
ごあいさつ
樽形煎餅は長年培った歴史あるお菓子です。お菓子ひと筋で百年以上の歴史の中でこの樽形煎餅は形を変えず、当店の伝統を守り続けています。8代続いた歴史の中で、私、萬田悠介(まんたゆうすけ)も先人が築いたお...
Access

阪神電鉄御影駅から徒歩約5分の好立地

虎屋吉末

住所

〒658-0046

兵庫県神戸市東灘区御影本町4-1-1

Google MAPで確認する
電話番号

078-851-2444

078-851-2444

営業時間

10:00~17:00

定休日 日曜
駐車場

3台

イートイン

あり

アクセス

阪神電鉄御影駅から徒歩約5分の場所に店を構えております。木彫りの大看板がシンボルです。歴史深い灘地区を探索した後は、お気に入りの味を見つけていただけます。
Blog

味わい深い熟練の技とおいしさの秘訣

季節ごとの新商品や伝統的な逸品をご案内いたします。こだわりの素材や製法、職人の技術など、商品のもつ魅力を深く掘り下げ、お客様にお伝えいたします。

Blog
Column

日本菓子の歴史と奥深さへの誘い

商品開発の背後にあるエピソードや歴史など、商品に関連する詳しい情報をお届けしております。新しい楽しみ方を見つけていただけるような情報を提供しております。

  • 2024/04/10

    入学式にぴったり!和菓子の魅力と選び方

    この記事では、入学式に合わせた和菓子の選び方とその魅力について語ります。親から子へ、祖父母から孫へ、敬老の日や母の日の帰省時に持っていくギフトとしても最適です。税込かつ送料無料でお得に購入可能な情報もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。
  • 2024/04/05

    おしることは何か - その歴史や楽しみ方

    本記事では、「おしるこ」をキーワードに、その魅力と楽しみ方についてご紹介します。週末のおやつからちょっとしたプレゼントまで、和菓子のおしるこは汎用性が高く、どんな瞬間にもピッタリ。まずはおしるこの基本から、その魅力、作り方、おすすめのセット商品まで、幅広く深くお伝えします。
  • 2024/03/23

    春色に染まる 和菓子の風情

    小豆と和三盆糖が織りなす羊羹は、繊細な甘さとほんのり苦みを楽しむことができます。豆の風味と和三盆糖の優しい甘さが絶妙に調和し、春の訪れを感じさせてくれます。この羊羹は、伝統の技術と季節の恵みが結集して作り出される美味しさがあります。春色に染まる小豆と和三盆糖の風情が、優雅なひとときを彩ります。ぜひ春の訪れを感じる和菓子を楽しんでください。
  • 2024/03/16

    春のお彼岸について知っておきたいこと - 令和6年版

    春のお彼岸は、日本の伝統的な慣わしで、家族が墓を訪れ、先祖を敬う日です。この記事では、春のお彼岸を理解するための知識と、令和6年(2024年)春のお彼岸の日程について詳しく説明します。
Feature

特徴

  • 伝統を守りながら新たな味への挑戦

    伝統的な和菓子文化を大切にし、おいしさと美しさを探求した商品づくりを神戸で行っております。季節に応じて旬の食材と風味を取り入れた限定商品をご用意し、四季折々の趣きをお楽しみいただけます。